ビハール州ボドガヤにおける爆弾事件に関する注意喚起

 

在留邦人の皆様

平成25年7月8日

在チェンナイ総領事館

 

ビハール州ボドガヤにおける爆弾事件の発生について

 

1 当地報道によれば,昨日午前5時ころ、仏教聖地であるビハール州ボドガヤ(Bodh Gaya)の大菩提寺(マハーボディ-寺)とその周辺において,9つの手製爆弾が爆発し、少なくとも5人が負傷した旨を報じています。

 

2 報道によれば,インド政府は今回のテロ事件の発生を受けて,デリー,ムンバイ,ハイデラバード,チェンナイ,コルカタ,アーメダバード,バンガロール,プネーの8都市に対してテロ注意報を発出し,その他の州に対しても仏教関連施設に対する警備強化を要求している旨です。

 また,当館からチェンナイ市警察に確認したところ,今回のテロ事件発生を受けて,チェンナイ市内では仏教徒が多数を占めるスリランカ関係の施設に対する警戒及び市内中心部における警察官の巡回・検問を強化し,対テロ訓練を毎日実施するなど高度な警戒態勢をとっている由です。

 

3 在留邦人の皆様におかれましては、これまで発出した安全対策情報及び上記事情等を踏まえて、今後テロ事件等不測の事態に巻きこまれることのないよう十分注意すると共に、特に仏教関連施設やスリランカ関係施設,参拝者が集まる寺院やモスク、また市場や駅等不特定多数の人が集まる場所、政府・政党等の関連施設には近づかないなど、テロ事件に対する十分な注意をお願い致します。また外出が必要な場合には,周囲の状況に注意を払うなど安全対策に十分心掛けてください。

 

4 また,爆弾テロ事件に関しては、以下もご参照ください。(パンフレットは、http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.htmlに記載。)

(1)2010年6月3日付け広域情報「爆弾テロ事件に関する注意喚起」

(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」

(3)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」

 

(問い合わせ先)

在チェンナイ日本国総領事館

電話: (91-44)2432-386