チェンナイ日本人会のホームページへようこそ

チェンナイは、ベンガル湾に面した南インドにある海沿いの街です。緑の街路樹が並び、その上に青空が広がるこの街は、イギリスの統治時代にはマドラスと呼ばれていました。ここに住む人々には敬虔で温厚な人が多く、街には多くの人と活気があふれています。

 

チェンナイは1年を通じて暑い日が続き、4月から6月の時期には40度を超える日々が続きますが、1月から3月には30度前後の気温に落ち着き、夜にはエアコンがいらない過ごしやすい時期になります。海に近いためこの街の空気は澄んでおり、海辺の道を南に走れば、どこまでも続く青い空と海を眺めることができます。

 

ベンガル湾に面した立地の良さと温厚な南インドの人柄から、この地には、日本からのみならず多くの外国からも企業が進出してきており、国際交流も盛んに行われています。


チェンナイ日本人会では、チェンナイおよびその近郊に住む日本人が安全で快適に生活できる様に、ボランティアで活動を行っています。

 

このホームページが、チェンナイに在住の方々、そしてこれからチェンナイに住まわれる予定の方々にとって参考となる情報を提供し、チェンナイについてより理解を深めて頂くきっかけとなることを願っています。

日本人会からのお知らせ

安全対策情報

厚生対策情報